モンブラン 1K セーフティフィラー 万年筆 | Montblanc 1K Safety Filler Fountain Pen 1920s

2022年06月20日

1920年から1930年にかけて代製造されたモンブランセーフティ 1K-F。[1]はペン先のサイズ、[K]はショートタイプ、[F]は字幅を意味している。インクの補充はスポイト(アイドロッパー)でバレルの上部から落とし込む方式でセーフティ フィラーと呼ばれる。尻軸を時計方向に回すとペン先が繰り出され筆記状態になる。使用後は尻軸を反時計方向に回してペン先を収納してからキャップを装着する。非使用時にはペン先がバレルの中で常にインクに浸されているので、ペン先を繰り出したときはウェット気味になるがこれは構造上仕方がない。キャップの天冠にはヴィンテージ特有のベージュ色のモンブランスターマークがあしらわれている。ペン先はセーフティにしては硬め。

◇万年筆の素材は本来はブラックエボナイトですが全体にエボ焼けしてくすんだ色になっています。キャップに[REITZE & CO. CASSEL]のロゴ刻印があります。

材質:エボナイト

機構:セーフティ(アイドロッパー)

製造年代:1920年代