コンウェイ・スチュワート ディンキー 526 グリーン/ブラック マーブル | Conway Stewart Dinkie 526 in Green/Black Marble c.1932

2022年06月13日

コンウェイ・スチュワートは、デ・ラ・ルー出身の技術者によって1905年に創業したイギリスの古豪ペンメーカー。創業当時から1920年頃までは、モットル(模様のある)やブラックヴァルカナイト製(エボナイト)のペンしか製造していなかった。1920年代に入り競合メーカーが次々とカラフルなペンを導入する中、コンウェイ・スチュワートもブラックやモットルに代わる色彩色のあるペンの製造へと政策の転換に踏み切った。その最初のモデルが「ディンキー」である。「ディンキー」とは、「かわいい、小さい」という意味を持ち、大胆にも完全に女性をターゲットとしたペンだった。1922年の最初のモデルはモットルやヴァルカナイト製でスタートしたが、1924年頃からカゼインを使ったカラフルなペンが次々と導入された。本商品の「No.526」は1932年頃の製造でクリップレスのモデル。クリップが付くとモデル名は「No.536」となる。手のひらにすっぽりと入るくらい、色も綺麗でほんとうにかわいらしい万年筆です。
◇コンウェイ・スチュワートは、デ・ラ・ルー出身の技術者によって1905年に創業したイギリスの古豪ペンメーカー。現在はブランドを受け継いだBespoke British Pens Ltd.がさまざまな復刻モデルを中心に展開している。

材質:カゼイン

機構:レバーフィラー

製造年代:1932年頃