De La Rue デ・ラ・ルー オノト スターリングシルバー 透し彫り | De La Rue Onoto Sterling Silver Overlay 1920s

2010年08月30日

■メーカー   De La Rue   デ・ラ・ルー

■モデル       "Onoto"  Filigree   

■生産国    イギリス

■年代     1910年頃

■素材     ハードラバー(エボナイト)にシルバーの透かし彫りを被せたもの。

■ペン先    14C 
■吸入方法  プランジャー式
■長さ      145mm


 

 デ・ラ・ルー製の万年筆としては、黄金期といわれる1910年代の極めて珍しい万年筆。 ハードラバー(エボナイト)の素材に、手彫りのシルバーを被せたもので、なかなか手の込んだ造りとなっている。製造年代は、アール・ヌーボーからアール・デコ様式に移り変わるときで、どちらかというとアール・ヌーボー様式の名残りが感じられる模様だ。デ・ラ・ルーは創成期に、ゴールドやシルバー製のさまざまな万年筆を製造している。この万年筆と似たようなもので、「Onoto」という文字を透かし彫りであしらったものもある。
 
 吸入方法は、プランジャー式と呼ばれるもので、尻軸を引き抜き押し切ると同時にインクが逆流して吸入されるというデ・ラ・ルー独自の方式が採用されている。ひと昔前は「幻のオノト」などと言われたが、「幻のオノト」というなら、これはまさしく「幻のオノト」といえる。