売約済 Sold


2022/04/16

         

-円

(定価:-円)

Mabie-Todd マビー・トッド スワン SF-210C | Mabie Todd Swan SF-210C Black Chased Hard Rubber 1920's (b220213)

キャップの刻印 [S.F. 2] は、[Self-Filling](セルフ フィリング)の略で、セルフ充填機能(レバー式吸入)が付いていることを意味しており、数字の2はペン先のサイズを表している。製造年は1920年代。ペン先はフレキシブルのブロード。レバーの表面に劣化があります。(写真で確認できます)

◇我々が中古市場で目にするマビー・トッド(Mabie Todd)万年筆は多くが英国産だが、本家はアメリカで1860年にニューヨークで生まれている。初期の万年筆は、両ベロフィードで、インク漏れ対策用のねじり針金が取り付けられた特殊なものだった。1900年代に入るとアメリカの事業は衰退し、1909年頃には英国マビー・トッドが独自の万年筆製造をスタートさせた。

[トップに戻る・Back to top]