パイロット キャップレス C-1000GW ゴールドプレート | Pilot Capless C-1000GW Vanishing Point 1966

2021年08月09日

キャップレス「C-1000GW」はパイロットタイムスVol.39(1966年7月発行)の新製品コーナーで紹介されている。1963年発売の同じ回転式でショートクリップタイプC-1000GWの代替品とある。つまり初期モデルの改良型である。同じ素材で同じ回転式ではあるが、クリップが長くなり、中央のバンドが細くなった。ペン先にある「661H」の刻印は1966年1月に平塚工場の製造ラインで製造されたことを示している。ペン先のタッチは硬い。
◇キャップレスは1963年11月に第一号が発売されて以来、50年以上にわたりさまざまな機種が製造されている超ロングセラーモデル。その数はOEM製品を含めれれば100を超す。海外ではヴァニシングポイントペン(消えるペン先)の名称で知られ、初期製造の珍しいモデルは特に人気がある。
材質:18金ゴールドプレート
機構:ダブルスペア式
寸法:収納時140mm 軸径11.7mm
製造年代:1966年