ペン・トレーディング in 東京  / Pen Trading in Tokyo 2004

2004年03月21日

「Pen Collectors of Japan」主催の、「第4回ペン・トレーディング in 東京」が3月20日、21日の両日、白金台の画廊「はんなび」で開催されました。 今年も各地から万年筆ファン、また、Pen Tracerも集合しにぎやかなペン・トレーディングだったと思います。 「ペン・トレーディングin東京」のオーガナイザーの森睦氏による恒例のペンク リック、そして、今年は古山画伯が万年筆の作品を沢山持参され、「今年はやるぞ」という雰囲気、一層場をも りあげていました。 みなさん、それぞれ楽しい2日間を過ごされたことと思います。 


写真の掲載については、すべての皆さんには承諾を得てはいませんが、 削除を希望の方はユーロボックスまで連絡をください。なお、写真は無作為に載せてあります。 
写真の一部は すなみさん、日高さんから提供していただきました。   (海外より、名前の英語表記依頼が複数件あったため英語を併記しました)

 

 

森さんのペンクリニック
(Nib clinic by Mutsumi Mori)


 

 

 

筆記具周辺グッヅのオンパレード


 

 

 

 

 

コレクターが勢ぞろい!

 

 

 

 

ペリカンには目がない冨澤さん夫妻(Tomizawa)

 

 

 

 

 

 

Pentracers 
藤井(Eizo Fujii)、ラス・スタットラーさん(Russ Stutler)とルー・カカーモさん(Lou Caccamo)  
スタットラーさんのホームページ http://stutler.cc/

 


万年筆は古典派の松田さん (Matsuda)と萬年筆くらぶフエンテの中谷さん(Nakatani)

 

 

H.Works の長谷川さん夫妻(Mrs.Hasegawa and his husband) と森さん(Mori)  H.Works hworks@nn.iij4u.or.jp

 

 

 

 

「今日は売るぞー」 と張り切って万年筆の絵を並べる古山画伯
(Furuyama)


 

 

 

こんなにあったのがほとんどなくなった。 フルハルター10周年記念万年筆の絵が残っていたようです。 

http://www.entotsu.net/

 

 

セノー珊瑚の3部作と鎌田さんの「おしおきゴジラ」 (いずれも鎌田さん所有)

 

 

フルヤマ画伯のお気に入りオブジェのひとつ、「たまご人間」

 

 

 

 

 

 

この方達はかばんコレクターでもある!

 

 

大橋さん(Oh-hashi)と、何か物色中のデイビッド・トンプソンさん(Pentracer David Tompson)

 

 

 

 

プリンセス長谷川(Princess Hasegawa)

 

 

インクに特別のこだわりを持つ足澤さん(Tarusawa)

 

 

左から:  島田修一ブレンド、ペリカンセピア
森山スペシャル、モンブラン、キングスブルー
ウォーターマン、香りのブルーブラック
ウォーターマン、ブルーブラック
金ペン堂特製、カーボンブラック
???

 

 

ドイツのマイナーペンを集中して集めている金崎さん(Kanesaki)と中園さん(Nakazono) おーい日高さ ん、こっち向いてと言ったんだけど。

 

 

素晴らしいパイロット、キャップレスのコレクション

 

 

大橋さん(Oh-hashi)と渡邊さん(Watanabe)

 

 

 

 

 

 

インク瓶が好きで「みっちゃんのみちみち記」というホームページを作ったこともある飯沼さん(Iinuma)と冨澤さん (Tomizawa)

 

 

 

 

新倉さん(Niikura)、すなみさん(Masa Sunami)、倉嶋さん(Kurashima)

 

 

岩田さん(Iwata)、今年は他の名古屋勢はどうしたの?

 

 

この人たちが集って万年筆のことを語り出したら話しは尽きない

 

 

みんなよく飲んでよく食べるわー

 

 

というわけで楽しい2日間はあっという間に過ぎてしまいました。 みなさん、お疲れ様、またお会いしましょう

(ユーロボックス 藤井記)