万年筆の達人   (古山浩一 著)

2006年03月30日

万年筆の達人   (古山浩一 著)


万年筆に携わる様々な人達の人間模様や万年筆愛好家のこだわりの世界がおもしろい。「万年筆はこうでなくてはならない、これからはかくあるべきではないのか」と業界にも警鐘を鳴らす。万年筆と向き合う真摯な姿勢と、その世界に対する古 山さんの切実な思いが込められた一冊。