販売履歴 国産品 Archive


売約済 Sold


2021/07/18

         

-円

(定価:-円)

Maruzen 丸善 ストリームライン オノトモデル | MARUZEN Stream Line Onoto Model Fountain Pen1996 (b210710)

名品と謳われた往年の「オノト Stream Line」をベースに丸善がオリジナル商品として製作したモデル。パンフレットには次のような説明書きがある。「夏目漱石、北原白秋、内田魯庵など近代文学を代保養する文人たちの手の一部となり、その作品を書き綴ったオノト万年筆。なかでも大正10年に発売のオノト Stream Lineは、1920年代にヨーロッパはもとより日本においても名品と謳われました。MARUZEN Stream Lineは、この栄光の名を冠して弊社がオリジナルとして制作したものです。」 キャップバンドとペン先には、夏目漱石が愛用した便箋「漱石山房」にある龍頭が刻まれている。軟らかい腰と弾力があるペン先が搭載されている。1996年発売。

◇ほとんど使用されておらず、極めて良い状態です。

[トップに戻る・Back to top]


在庫・値下げ Reduced Price


取り下げ/Withdrawn

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット キャップレス CW-100 RW ピンク 万年筆 | Pilot Capless CS-100RW Pink Vanishing Point Fountain Pen 1965 (b210510)

1965年に発売されたモデル。初期モデルはメカニックガイド部がプラスチックだったが、同年末頃に金属製に仕様変更された。本商品は金属製に仕様変更された改良モデルで、ペン先にはH167(1967年1月平塚工場)の刻印がある。

◇試筆程度の美品。写真にはありませんが、カートリッジが1個付属します。
◇キャップレスは1963年11月に第一号が発売されて以来、50年以上にわたりさまざまな機種が製造されている超ロングセラーモデル。その数はOEM製品を含めれれば100を優に超す。海外ではヴァニシングポイントペン(消えるペン先)の名称で知られ、初期製造の珍しいモデルは特に人気がある。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/07/13

         

-円

(定価:-円)

Sailor セーラー 大丸藤井セントラル 限定万年筆  開拓使麦酒 長刀研ぎ | Sailor OEM Pen "Kaitakushi/Beer" with Naginata for Daimaru Fujii Central 2004 (b210706)

サッポロビールと大丸藤井セントラルのコラボレーションによる限定品。ベースはプロフェッショナルギアのスタンダードサイズで、ペン先は「現代の名工」職人故長原宣義調整の長刀研ぎ。オレンジ色のバレルは、北海道初のビールとして発売された冷製「札幌ビール」をイメージしており、ペン先には北海道の地図が刻印されている。真っ白なキャップの天冠には開拓使のシンボル「北極星」があしらわれ、開拓使が設置された年にちなんで[KAITAKUSHI 1869]と刻印されている。 包装紙の中央にあるのは、発売当時の「札幌ビール」のラベル。2004年、50本限定の超希少品。

◇多少使用程度の良品。極小のスレ傷があります。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/07/09

         

-円

(定価:-円)

Ohashido 大橋堂 本漆・朱 同軸モデル 万年筆 | Ohashido Red Urushi Lacquer Fountain Pen c.2003 (a210605)

キャップと胴軸がストレートで外径が同じスタイルは同軸型と呼ばれる。全体が朱の本塗で仕上げられている。先代の植原榮一氏の時代に作られたもので製造年は2000年代初頭と思われる。

◇多少使用程度。極小のスレ傷はありますが、目立つ傷や打痕はありません。
◇仙台に工房を構える大橋堂は、大正元年創業の万年筆老舗。現在は、先代の植原榮一氏から引き継いだ植原友一氏が漆塗万年筆をメインに魅力的な万年筆で全国展開している。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/07/07

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット エリート カスタム E-500-RT ブラック | Pilot Elite Custom E-500-RT Black Fountain Pen 1968 (b210618)

エリート カスタム E-500-RTは、エリート E-1000(スターリングシルバー)の姉妹品として1968年に発売された。この万年筆はペン先に[T1072]の刻印があり、実際には1972年以降の製造品である。 定価はE-1000の10,000円に対してE-500-RTは5,000円で、どちらも当時の万年筆としては最大サイズのペン先を搭載した高級志向の万年筆だった。カートリッジが1個付属しますが、コンバーターはCon-20を使用できます。ペン先は硬め。バランスもよく非常に使いやすい万年筆です。

◇多少使用程度、極小のスレ傷がありますが極めて良好です。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/07/06

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット キャップレス C-1000DW-R 蒔絵 蜻蛉塗赤 | Pilot Capless C-1000DW-R Red Lacquered Seirei-nuri - Vanishing Point 1964 (a210628)

この「赤蜻蛉塗 キャップレス C-1000DW-R」は1964年、東京オリンピックの開催を記念して発売された。機構は初期のキャップレスに搭載された回転式で、全体が赤の蜻蛉塗で仕上げられている。発売数は数百本くらいと耳にすることもあるが、正式に発表されておらず定かではない。キャップレスペンは数あれど、蒔絵万年筆としての格、品質、希少度、いずれをとっても他を圧倒している。ペン先には「6.64」と刻印がある。ダブルスペアタイプで、予備のカートリッジを装填できるようになっている。このような貴重なモデルがパンフレットや箱を完備した状態で出てくるのは極めて珍しい。まさしく超弩級のミュージアムピースである。

バンドと首軸の合わせ目に極小の傷があります(合わせ目なので隠れていて見えません)他はほとんど未使用状態、インクの汚れもありません。
◇キャップレスは1963年11月に第一号が発売されて以来、50年以上にわたりさまざまな機種が製造されている超ロングセラーモデル。海外ではヴァニシングポイントペン(消えるペン先)の名称で知られ、初期製造の珍しいモデルは特に人気がある。
◇蜻蛉塗とは、その模様が蜻蛉(トンボ)の羽に似ているところからこの名称がつけられた。ちなみに、パイロットが蜻蛉塗を万年筆に導入したのは1950年代のスーパーが最初。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/07/02

         

-円

(定価:-円)

Ohashido 大橋堂 スタンダード 漆黒 尻細モデル 18金バンド付 | Ohashido Black Urushi Lacquer Fountain Pen with 18K Solid Gold Band c.2003 (a210604)

胴軸が中央から尻側にかけてテーパー状になった尻細モデルで、軸には18金製のバンドが巻いてある。このバンドは固定してあり動きません。重心はやや前方にあります。キャップは尻側に挿せるようにはなっている。ペン先はやや硬め。各部品の仕様から製造年は2000年代初頭と思われます。

◇極小のスレ傷はありますがおおむね良好です。
◇仙台に工房を構える大橋堂は、大正元年創業の万年筆老舗。現在は、先代の植原榮一氏から引き継いだ植原友一氏が漆塗万年筆を主力としたに魅力的な万年筆で全国展開している。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/30

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット エラボー SB フルハルター森山氏調製品 | Pilot Elabo Fountain Pen SB(nib tuned by nib meister Moriyama, Fullhalter) (a210622)

エラボーの正式名称は「グランダム エラボー GD-1200RS-XX-XX」で、1978年2月に発売、定価は12,000円だった。発売当時のカタログには「格調高い伝統を受け継ぐ高級万年筆・書き味を追求して新開発」とある。全国万年筆組合経由でユーザーの細かな要望を吸い上げ、書き味を徹底追及して完成された高級万年筆である。SEF(軟・極細)、SF(軟・細)、SM(軟・中)、SB(軟・太)があり、文字通り、好きなペン先を選ぶことができるというものだった。本商品は2代目の旧型エラボーで、製造年代は1990年代。外観は初代とあまり変わらないが、キャップがネジ式(初代は嵌合式)、ペン芯が樹脂無垢(同漆塗)などの違いがある。輸出モデル「ファルコン」もあり、海外ではその軟らかいタッチが好評のようである。ペン先は軟調ですがフワフワではありません。かなりしっかりとした弾力があります。本商品はフルハルター森山氏調整品。ペン先はBをF相当に研ぎ出してあります。SFということになります。

◇結構使い込まれていて使用感があります。首軸リングに2か所劣化(小さな腐食)があり、バレル下部にも大きな目立つ傷が数か所あります。(いずれも写真で確認できます)

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/30

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット 創立95周年記念 蒔絵万年筆 龍 | Pilot 95th Anniversary Maki-e Ryu(Dragon) Fountain Pen 2013 (b210534)

「龍」にまつわる伝説は、古代のメソポタミアが起源とされ、インド、中国など、世界各地で多くの文献や彫像が伝わっている。説明書には「天に向かって昇る自由な精神と活力を描き、人々の暮らしの更なる発展への願いを込めました」とあり、天に向かって昇る龍が、蜻蛉の技法を用いた銀蒔絵で描かれている。定価110,000円(税込)

◇試筆一回のみ、ほとんど未使用状態です。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/29

         

-円

(定価:-円)

Platinum プラチナ PB-5000 ブラック 万年筆 | Platinum PB-5000 Black Fountain Pen 1970s (b210617)

1970年代製造のカートリッジ・コンバーター両用式万年筆。クリップには唐草模様があしらわれている。すなみまさみち/古山浩一著の「万年筆クロニクル」には、プラチナ萬年筆のひとつの代表製品として紹介されている。結構大振りでバランスもいい万年筆。現行のコンバーターが使用可能です。写真にはありませんが同年代の未使用カートリッジが1個付きます。

◇使用品。首軸リングやキャップバンドに若干の劣化がありますが、その他はおおむね良好です。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/29

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット カスタム742 フルハルター森山氏調整品 | Pilot Custom 742 Fountain Pen(nib tuned by nib meister Moriyama, Fullhalter) (a210621)

カスタム742は手ごろな大きさでバランスも良く使いやすい万年筆。ペン先はコースニブをフルハルターの森山氏が調整されたもの。フルハルターのショップカードは付属しません。ペン先は硬めですが、良く滑ります。

◇使用品。細かい使用傷があります。使用感あり。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/24

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット キャップレス C-1000GW ゴールドプレート 回転式 | Pilot Capless C-1000GW Vanishing Point Pen 1966 (a210648)

キャップレス「C-1000GW」はパイロットタイムスVol.39(1966年7月発行)の新製品コーナーで紹介されている。紹介文によると、1963年発売の同じ回転式でショートクリップタイプC-1000GWの代替品とある。つまり初期モデルの改良型である。同じ素材で同じ回転式ではあるが、クリップが長くなり、中央のバンドが細くなった。ペン先にある「661H」の刻印は1966年1月に平塚工場の製造ラインで製造されたことを示している。ペン先のタッチは硬い。

◇首軸の最前方に若干の劣化があります。(写真で確認できます)
◇キャップレスは1963年11月に第一号が発売されて以来、50年以上にわたりさまざまな機種が製造されている超ロングセラーモデル。その数はOEM製品を含めれれば100を超す。海外ではヴァニシングポイントペン(消えるペン先)の名称で知られ、初期製造の珍しいモデルは特に人気がある。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/19

         

-円

(定価:-円)

Namiki ナミキ ウルシコレクション 20号 蝋色漆・朱 万年筆 | Namiki Urushi Collection Lacquer Vermillion No.20 FNK-128-R-B Fountain Pen (a210607)

日本古来の漆工芸の技法のひとつである「蝋色塗」で仕上げた高級漆万年筆。「蝋色塗」とは、上塗りに油分を加えない漆を使用し、研ぎ炭で研ぎ、さらに生漆を摺り込み乾かしては磨くことを繰り返して独特の艶を出す技法。黄銅がベースになっているので45グラムと若干重いですが、しっとりと滑らかな表情がほんとうに美しい万年筆です。ペン先はやや硬め。

◇試筆程度、状態は良好です。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/14

         

-円

(定価:-円)

インキ止め式 4分5厘軸 万年筆(土田修一 手造り万年筆舗) | Black Urushi Lacquer Fountain Pen(Tsuchida Shuichi) c.2005 (a210623)

田修一 手造り万年筆舗のバランス型インキ止め式万年筆。土田修一は長年、軸を酒井栄助、ペン先を兜木銀次郎(兜木製作所)、塗りを高橋吉太郎の3人の職人に任せ、最後の組み立て・調整・販売を自分で行っていた。この形で販売された製品は、いわゆる「四天王」と呼ばれる4人の腕利き職人によるインキ止め式万年筆として知られている。土田修一は、酒井栄助が軸の製造をやめた後は百瀬製作所に軸を発注していた。ペン先も兜木製作所製からプラチナ万年筆製に取って代り、更に後にはセーラー製になった。本品の軸は百瀬製作所製で、2005年頃の製造品と思われる。付属の取り扱い説明書には「土田修一  手造り万年筆舗」とある。

首軸の表面にブツブツした極小の表面ムラがあります。(写真で確認できます)

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/14

         

-円

(定価:-円)

インキ止め式 5分軸 ブルドッグ型 万年筆(土田修一 手造り万年筆舗) | Bulldog Style Black Urushi Lacquer Fountain Pen(Tsuchida Shuichi) c.2005 (a210626)

土田修一 手造り万年筆舗のバランス型インキ止め式万年筆。土田修一は長年、軸を酒井栄助、ペン先を兜木銀次郎(兜木製作所)、塗りを高橋吉太郎の3人の職人に任せ、最後の組み立て・調整・販売を自分で行っていた。この形で販売された製品は、いわゆる「四天王」と呼ばれる4人の腕利き職人によるインキ止め式万年筆として知られている。土田修一は、酒井栄助が軸の製造をやめた後は百瀬製作所に軸を発注していた。ペン先も兜木製作所製からプラチナ万年筆製に取って代り、更に後にはセーラー製になった。本品の軸は百瀬製作所製で、2005年頃の製造品と思われる。

◇首軸に工具(チャック)痕が3か所あります。そのまま漆塗りをしてしまったようです。見かけが悪いですが使用には全く支障はありません。首軸の表面にブツブツした極小の表面ムラがあります。(写真で確認できます)

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/13

         

-円

(定価:-円)

インキ止め式 5分軸 ブルドッグ型 万年筆(土田修一万年筆舗) | Bulldog Style Black Urushi Lacquer Fountain Pen(Tsuchida Shuichi) c.2005 (a210625)

土田修一 手造り万年筆舗のブルドッグ型インキ止め式万年筆。土田修一は長年、軸を酒井栄助、ペン先を兜木製作所、塗りを高橋吉太郎の3人の職人に任せ、最後の組み立て・調整・販売を自分で行っていた。この形で販売された万年筆は、いわゆる「四天王」によるインキ止め式万年筆として良く知られている。酒井栄助が軸の製造をやめた後は百瀬製作所に軸を発注していた。ペン先も兜木製作所製からプラチナ万年筆製に取って代り、更に後にはセーラー製になった。本品の軸は百瀬製作所製で、2005年頃の製造品と思われる。

◇使用品ですが目立つ傷はありません。極めて良好です。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/13

         

-円

(定価:-円)

インキ止め式 5分軸 ブルドッグ型 万年筆(土田修一 手造り万年筆舗) | Bulldog Style Black Urushi Lacquer Fountain Pen(Tsuchida Shuichi) c.2005 (a210624)

土田修一 手造り万年筆舗のブルドッグ型インキ止め式万年筆。土田修一は長年、軸を酒井栄助、ペン先を兜木製作所、塗りを高橋吉太郎の3人の職人に任せ、最後の組み立て・調整・販売を自分で行っていた。この形で販売された万年筆は、いわゆる「四天王」によるインキ止め式万年筆として良く知られている。酒井栄助が軸の製造をやめた後は百瀬製作所に軸を発注していた。ペン先も兜木製作所製からプラチナ万年筆製に取って代り、更に後にはセーラー製になった。本品の軸は百瀬製作所製で、2005年頃の製造品と思われる。

◇首軸の表面にブツブツした極小の表面ムラがあります。(写真で確認できます)

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/10

         

-円

(定価:-円)

Ohashido 大橋堂 玉虫塗(深緑) 尻細モデル | Ohashido Tamamushi-Nuri(Deep Green) Lacquer Fountain Pen c.2003 (a210602)

胴軸の形状が中央から尻軸にかけてテーパー状になった尻細モデル。「玉虫塗」は、「銀粉」を蒔き、その上から染料を加えた透き漆を塗って仕上げるという独特の技法で仙台生まれの伝統漆芸である。艶があり煌びやかな色調がタマムシの羽根に似ていることからそのように呼ばれる。箱には、「手作り 植原萬年筆 仙台」の墨書きに加えて「植原榮一」の押印があり、植原榮一氏の晩年の作と思われる。

◇あまり使用された形跡はありません。試筆程度、極めて良好です。
◇仙台に工房を構える大橋堂は、大正元年創業の万年筆老舗。現在は、先代の植原榮一氏から引き継いだ植原友一氏が漆塗万年筆を主力としたに魅力的な万年筆で全国展開している。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/09

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット エリート/網目 ENS-600NS 万年筆 | Pilot Elite ENS-600NS Fountain Pen c1977 (b210532)

ショートタイプの万年筆だが、ペン先は大振りの18金製が搭載されている。蝕刻(エッチング)の技法により全体が網目パターンで仕上げてある。ペン先にはH778の刻印があり、1978年に平塚工場の工程で製造されたことがわかる。当時の定価6,000円。

◇若干使用程度の良品。写真には写っていませんがカートリッジが1個付属します。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/07

         

-円

(定価:-円)

Ohashido 大橋堂 スタンダード 根來塗風 尻細モデル 万年筆 | Ohashido Red Urushi Lacquer(like Negoro-nuri) Fountain Pen c.2003 (a210603)

尻細型のスタンダードタイプで、赤のベースにところどころに黒が見える根来塗り風の仕上げになっている。先代の植原榮一氏の時代に作られたもので製造年は2000年代初頭と思われる。

◇使用品。軸とキャップには極小のスレ傷があります。首軸の黒漆に極小の劣化(表面がブツブツ)があります。(写真で確認できます)
◇仙台に工房を構える大橋堂は、大正元年創業の万年筆老舗。現在は、先代の植原榮一氏から引き継いだ植原友一氏が漆塗万年筆をメインに魅力的な万年筆で全国展開している。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/06

         

-円

(定価:-円)

NAKAYA 中屋万年筆 シガーモデル ロング 碧溜 特注大型サイズ | Nakaya Heki-Tamenuri Long Cigar Model - Custom-Order Fountain Pen (a210601)

「溜塗り」は、透けによって漆のたまり状態がよく見え、吸い込まれるような透明感のある表情が特徴。「碧」は青と緑の中間色で、日本古来の文化に見られる伝統的な色のひとつ。首軸やキャップ、軸の透明な漆の層を通して見える碧色がなんとも言えない美しさを醸し出しています。軸径が17mmという大型サイズの特注品ですので、正確な定価はわかりませんが、税込100,000円近い商品と思われます。胴軸ネジ総エボナイト製。

◇試筆のみの美品。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/06

         

-円

(定価:-円)

Sailor セーラー 銘木シリーズ 黒柿 旧型 | Sailor ”Black Persimmon" Precious Wood Series Fountain Pen 1990s (b210601)

1990年代の中頃に製造された銘木シリーズの旧型「黒柿」は製造期間が短く残存数は極めて少ない。しかもこの「黒柿」には、初期の一時期のみに採用されたという23金製のペン先が搭載されている。ふんわりとしたタッチで非常に軟らかい。表面はコーティング仕上げされているので模様が綺麗に残っており、黒柿独特の黒い線がはっきり見える。いろんな意味で、かなり珍しい個体だと思います。当時の定価50,000円(税別)

◇キャップの下部、リングの脇に約6ミリの当たり傷があります。(写真で確認できます) その他は、木軸特有の線状の表面ムラや極小のスレ傷があるものの状態は押しなべて良好です。写真にはありませんが、新品のコンバーターを付きます。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/04

         

-円

(定価:-円)

Sailor セーラー プロフィット スタンダード ミュージックニブ 旧型万年筆 | Sailor Profit Standard with Music Nib - Old Version c.2000 (b210512)

セーラーのプロフィットシリーズの原点ともいえるプロフィットスタンダードの旧型モデル。1990年代から2000年初頭にかけて製造されたモデルでペン先は旧型のいかりマークのミュージックニブ仕様となっている。

◇使用品です。首軸リングに極小の劣化があります。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/06/02

         

-円

(定価:-円)

Sakai Eisuke 酒井栄助 6分軸 インキ止め式 万年筆 | Sakai Eisuke(Ban'ei) Large Ink Shut-Off Fountain Pen 1990s (a210511)

インキ止め式万年筆の製造で名を馳せた酒井栄助の珍しい6分軸の大型万年筆。ペン先は兜木製作所製で、根元には[GK]の刻印が刻まれている。比較的弾力のある個体。

◇キャップに1カ所当たり傷があります。キャップバンドの一部にメッキの摩耗、劣化があります。写真ではクリップの先端左側が光の加減で黒く映っていますが腐食ではありません。クリップの状態は良好です。
酒井栄助万年筆(海外ではBan-Ei Penと呼ばれている)は手作り万年筆として人気が高い。酒井栄助は14才のときに万年筆職人の見習いとしてクラルテ社に入社、26才で独立、以来、生涯を万年筆の挽物師として全うした。「酒井栄助万年筆」と呼ばれる多くの万年筆は、軸挽きの酒井栄助、ペン先の兜木銀次郎、仕上げの土田修一の合作で仕上げられた。塗師の高橋吉太郎が加わって作られた万年筆は「四天王」の万年筆と呼ばれ評価が高い。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/05/30

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット 65周年記念 万年筆 | Pilot 65th Anniversary Fountain Pen (b210525)

パイロットの創業65周年を記念して1983年に発売された蒔絵万年筆。フォルムは、昭和初期にパイロット独自のスタイルとして好評を博したバランス型を継承している。キャップバンドには、法隆寺の宝物「玉虫厨子」に見られる忍冬文をあしらい創立65周年記念にふさわしいスタイルとなっている。ペン先は特定のペン先調整士によって1本1本ていねい調整されており、そのふくよかでしなりのある弾力を持つペン先の評価がひときわ高い。1983年発売。定価:38,000円(税込)

多少使用程度の美品。外箱に汚れがあります。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/05/29

         

-円

(定価:-円)

Namiki ナミキ A.D.2000 螺鈿 キリスト生誕2000年記念万年筆 | Namiki A.D.2000 Raden Iubilaeum Limited Edition Fountain Pen 2000 (a210509)

キリスト生誕2000年を記念して製造された限定万年筆。ドーム型の天冠は、ヴァチカン市国のシンボルであるサンピエトロ大聖堂の壮大な円屋根(クーポラ)イメージしており、クリップにはヴァチカン市国のジュビリー中央委員会のマークをモチーフにしたエンブレムがあしらわれている。バレルとキャップの3か所には、サンピエトロ大聖堂中央ドアのアカンサス模様を模したバンドが装飾されている。選りすぐりの螺鈿をふんだんに使用し、パイロット独自の卓越した漆工芸技術によって優美で華麗な万年筆に仕上げられている。2000年、限定2000本。定価220,000円(税込)

◇試筆のみ。
◇ヴァチカン市国のモニュメントや美術作品をモチーフとして「螺鈿」、「格子」と「星座」の3種類万年筆が作られた。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/05/29

         

-円

(定価:-円)

Nakaya 中屋万年筆 朽葉溜 ナガサワオリジナル シガー ロング | Nakaya "Kuchiba Tamenuri" Nagasawa OEM Fountain Pen (b210522)

「朽葉溜」はナガサワ文具センターの特注モデルで、首軸には24金製のメタルが象嵌されたオリジナル仕様となっている。「溜塗り」は、透けによって漆のたまり状態がよく見え、吸い込まれるような透明感のある表情が特徴。首軸やキャップ、胴軸の透明な漆の層を通して見える「朽葉色」が、言葉では言えない美しさを醸し出している。ペン先は、ふんわりと軟らかい。参考価格82,500円(税込)

◇試筆程度の美品。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/05/22

         

-円

(定価:-円)

O-hashido 大橋堂 手作り万年筆 | O-hashido Black Hard Rubber Fountain Pen 1990s (b210504)

渋い色で、なかなか味のあるこの大橋堂の万年筆。キャップで隠れていた首軸と、常に表にさらされていた他の部分の色との差は歴然としています。製造年は1990年代だと思われますが、エボナイトの万年筆は、使う環境や保管状態によってはこんなにも変わってしまうという見本のような万年筆。汚れている、いい味が出てる、など、とらえ方はいろいろあるでしょう。どうのこうのというより、価値は使う方が決めていただければ・・・。

◇ペン先はコロンとしたかなり太めで硬い個体です。目立つ傷はありません。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/05/18

         

-円

(定価:-円)

O-hashido 大橋堂 古文書パターン 漆塗万年筆 | O-hashido Old Document Pattern Urushi Lacquer Fountain Pen c.2005 (b210503)

古文書を万年筆に張り付け漆で仕上げるという極めて珍しい手法で作られた万年筆。製造年は2005年頃で植原榮一氏の最晩年の作。Andreasu Lambrou and Masamichi Sunami共著のFountain Pens of Japanに同様の万年筆が掲載されている。ペン先は弾力のある個体。

◇試筆のみの美品。
◇仙台に工房を構える大橋堂は、大正元年創業の万年筆老舗。現在は、先代植原榮一氏のお孫さんの植原友一さんが引き継ぎ、エボナイトや工夫を凝らした漆塗の万年筆で全国展開している

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/05/16

         

-円

(定価:-円)

Kato Seisakusho Company カトウセイサクショカンパニー カレイドスコープ 万年筆 | Kato Seisakusho Company Kaleidoscope Fountain Pen 1990s (b210511)

カトウセイサクショカンパニーは世界でも有数のセルロイド専門のペンメーカーだった。1980年代にはヴィスコンティに向けにセルロイド製万年筆を納入していたことでも知られる。職人気質の加藤氏は、セルロイド製の万年筆にこだわり「万年筆はセルロイドで作る」という信念を貫いた人だった。ペン先はシュミット製のゴールドプレート仕様。まさに万華鏡のような綺麗な万年筆です。

◇デッドストック品。試筆のみ。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/05/10

         

-円

(定価:-円)

Sailor セーラー プロフェッショナルギア マイカルタ グリーン 万年筆 | Sailor Professional Gear Micarta Green Fountain Pen (b210412)

マイカルタは、キャンバス(綿布)、紙、木などを積層化してフェノール系樹脂で加圧成形したもので耐久性に優れた素材。使い込むほどに手になじみ、色の変化も楽しめるのもマイカルタならでは。ペン先は硬め。定価60,500円(税込)2010年頃の製造品。

◇多少使用程度の美品。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/05/08

         

-円

(定価:-円)

Itoya 伊東屋 ロメオ No.2 万年筆 | Itoya Romeo No.2 Fountain Pen 2004 (a210432)

伊東屋の創業100周年記念として2004年に発売されたモデル。全体のデザインは、1914年(大正3年)に製造されたオリジナル万年筆「Romeo」を踏襲している。ペン先はやや硬め。革の特性ペンケース付。

◇試筆のみの美品。
1914年(大正3年)に製造された万年筆「Romeo」をNo.1とし、ロメオNo.2があり、現在ロメオNo.3が発売されている。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/05/05

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット キャップレス C-100RW-B 万年筆 | Pilot Capless C-100RW-B Vanishing Point Fountain Pen 1965 (b210421)

1965年3月に発売されたが、同年7月にはショートサイズCS-100RWが発売され、間もなく廃番となった。製造期間が短かったため残存数は極めて少ない貴重なモデル。

◇ほとんど使用されていませんが、ペン先のメッキが若干薄くなっています。
◇キャップレスは1963年11月に第一号が発売されて以来、50年以上にわたりさまざまな機種が製造されている超ロングセラーモデル。その数はOEM製品を含めれれば100を優に超す。海外ではヴァニシングポイントペン(消えるペン先)の名称で知られ、初期製造の珍しいモデルは特に人気がある。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/05/03

         

-円

(定価:-円)

Sakai Eisuke 酒井栄助 4分5厘 インキ止め式 手造り万年筆 | Sakai Eisuke(Ban-ei) Fountain Pen c.1980 (a210430)

インキ止め式手作り万年筆で名を馳せた貴重な酒井栄助万年筆。ペン先は兜木銀次郎の[Steady]ニブで、超がつくくらい軟調、フワフワの個体である。製造年代は1980前後と思われる。オノトタイプだが、4分5厘のサイズでこの長さの酒井栄助万年筆は比較的少ない。

◇ほとんど使用されていない美品。コルクは劣化していたためOリングに交換してあります。コルクと違い、ほとんど劣化しないため末永く安心してご使用いただけます。
◇酒井栄助は14歳で万年筆職人見習いとしてクラルテ社に入社。1941年に独立し、以来終生、万年筆の挽物ひと筋に徹しインキ止め万年筆を製造した。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/30

         

-円

(定価:-円)

Onoto オノト マグナ ライター ウルトラマリンブルー 2008 リミティッドエディション 万年筆 | Onoto Magna The Writer's Pen - Limited Edition Fountain Pen 2008 (a210429)

往年のマグナを復刻したモデルで、2008年に限定販売された。全体のフォルムは限りなくオリジナルに近い形状に作られている。ペン先は18金製ツートーンカラーのNo.7で、弾力としなりのある個体。限定100本の希少品。同様のものとしてはブラックバージョンの100本限定がある。

◇試筆程度の美品。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/28

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット 昭和天皇御在位60年記念 鳳凰 銀欄仕上 万年筆 | Pilot Commemoration of Emperor Hirohito's 60th Reign - Limited Edition Pen 1986 (b210417)

昭和天皇の御在位60周年を記念して発売された限定万年筆で、金襴仕上げと銀欄仕上の2種類がある。本商品は銀欄仕上。御慶事にふさわしく、スターリングシルバーのベースに、菊花と鳳凰があしらわれた絢爛な造りとなっている。ペン先は硬め。当時の定価19,800円。

◇多少使用程度の良品。極小のスレ傷はありますが打痕はありません。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/27

         

-円

(定価:-円)

Platinum プラチナ PB-5000 ブラック 万年筆 | Platinum PB-5000 Black Fountain Pen 1970s (b210403)

1970年代製造のカートリッジ・コンバーター両様式万年筆。クリップには唐草模様があしらわれている。すなみまさみち/古山浩一著の「万年筆クロニクル」には、プラチナ萬年筆の代表製品として紹介されている。現行のコンバーターが使用可能です。1980年頃のカートリッジが1個付きますがインクは使用しない方が無難です。

◇あまり使用された形跡はありません。極小のスレ傷はありますが全体としては良い状態です。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/25

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット 88周年記念 仁王 蒔絵万年筆 | Pilot 88th Anniversary Maki-e Fountain Pen 2006 (a210427)

パイロットの創立88周年を記念して発売された限定蒔絵万年筆。阿形・形、一対の仁王像が研出高蒔絵で描かれている。ペン先はやや硬め。2006年発売、限定880本。定価165,000円(税込)同時に「獅子・狛犬」(定価税込1,430,000円)も発売された。

◇現在は未使用状態ですが、今後試筆することもあります。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/25

         

-円

(定価:-円)

Namiki ナミキ A.D.2000 螺鈿 キリスト生誕2000年記念万年筆 | Namiki A.D.2000 Raden Iubilaeum Limited Edition Fountain Pen 2000 (a210426)

キリスト生誕2000年を記念して製造された限定万年筆。ドーム型の天冠は、ヴァチカン市国のシンボルであるサンピエトロ大聖堂の壮大な円屋根(クーポラ)イメージしており、クリップにはヴァチカン市国のジュビリー中央委員会のマークをモチーフにしたエンブレムがあしらわれている。バレルとキャップの3か所には、サンピエトロ大聖堂中央ドアのアカンサス模様を模したバンドが装飾されている。選りすぐりの螺鈿をふんだんに使用し、パイロット独自の卓越した漆工芸技術によって優美で華麗な万年筆に仕上げられている。2000年、限定2000本。定価220,000円(税込)

◇ほぼ未使用状態。
◇ヴァチカン市国のモニュメントや美術作品をモチーフとして「螺鈿」、「格子」と「星座」の3種類万年筆が作られた。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/19

         

-円

(定価:-円)

Sailor セーラー ミニ レッド・グリーン・ブルー 3本セット | Sailor Mini Fountain Pen - 3 pcs Set 1960s (b210411)

1960年代末から1970年代にかけて製造されたミニペン。学生向けのペンだがペン先は14Kと立派なもの。1960年代は様々な模様、いろんなスタイルのミニペンが流行し、各メーカーがこぞってミニペンを製造した。

◇すべて試筆程度の品ですが、50年前の商品ですので保管中にできた極小のスレ傷はあります。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/19

         

-円

(定価:-円)

Sakai Eisuke 酒井栄助 プランジャー式 手造り万年筆 | Sakai Eisuke(Ban-ei) Plunger Filler Fountain Pen 1980s (a210431)

インキ止め式手作り万年筆で名を馳せた酒井栄助製造のプランジャー式万年筆。酒井栄助が製造した万年筆はインキ止め式のものがほとんどだが、この万年筆は極めて珍しいプランジャー式万年筆。デ・ラ・ルー製のプランジャー式と全く同じ方式で、インキの流れを止める機能も同様に搭載されている。ペン先は兜木銀次郎の[Steady]ニブである。ペン先の根元には兜木製作所製であることを示すJIS規格番号「4622」が刻まれている。付属の「萬年筆の栞」には丸善の印(60.12.26.)が押印があり、プランジャー式の吸入方法の説明が記載されている。

◇ほとんど使用されていない良品。コルクと弁は劣化していたため特製の弁とOリングに交換してあります。コルクと違い、ほとんど劣化しないため長期にわたり安心してご使用いただけます。
◇酒井栄助は14歳で万年筆職人見習いとしてクラルテ社に入社。1941年に独立し、以来終生、万年筆の挽物ひと筋に徹しインキ止め万年筆を製造した。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/17

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット "樽" 日高晤郎 | Pilot "Oak Barrel" Goro Hidaka 2006 l (a210428)

札幌の文具の老舗大丸藤井セントラルが、北海道をベースに活躍したパーソナリティー日高晤郎とパイロットによるコラボを取りまとめた万年筆。北海道ならではのウィスキーの樽材を素材とした趣のある万年筆。樽材の模様も非常に綺麗です。 2006年、北海道限定300本。

◇試筆のみの美品。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/17

         

-円

(定価:-円)

Ohashido 大橋堂 漆 まだら塗り 万年筆 | Ohashido Black(Red/brown) Urushi Lacquer Fountain Pen c.2005 (b210333)

大橋堂の珍しいまだら塗りの万年筆。黒漆を塗って乾かした後、赤漆を塗り、更に黒漆を上塗りし研ぎ上げてある。漆黒の中から、赤と茶色の流れるような模様がうっすらと見える。製造年代は2000年代中頃、植原榮一氏晩年の挽きによる万年筆。

◇あまり使用されていません。若干使用程度の良品。
◇仙台に工房を構える大橋堂は、大正元年創業の万年筆老舗。現在は、先代の植原榮一氏から引き継いだ植原友一氏が漆塗万年筆をメインにさまざまな万年筆を全国展開している。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/16

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット ミューレクス MR-500SS 万年筆 | Pilot Murex MR-500SS Fountain Pen 1977 (b210338)

ミューレクスは「流れるライン、極限のフォルム、知性は銀色 」のキャッチフレーズとともに1977年に導入された。ステンレスを使用した一枚の特殊合金の板から抜き、絞り成型の工程を何回も繰り返して原型が作られる。表面はつや消しの仕上げで、首軸部分にはすべり止めの溝が刻んである。1973年発売のミュー701に次ぐロケット型のユニークな万年筆。「ミューの王様」とも呼ばれるこの万年筆はミュー701とともに海外では非常に人気がある。1979年には、ロゴマークが赤い「ミューレクス レディ」も発売された。当時の定価:5,000円。

◇試筆程度の美品。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/15

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット カスタム シルバーン 冬木立 万年筆 | Pilot Custom Silvern "Fuyukodachi" (Winter grove) Fountain Pen 1970s (b210402)

「シルバーン」は日本の伝統工芸と優れた蝕刻技術の融合により完成した「アートクラフトシリーズ」の万年筆。スターリングシルバー製のキャップと軸の表面には、落葉した冬の木立が蝕刻の技法で描かれている。ペン先は硬め。
◇若干使用程度の良品。(クリップにいくつかの小さな当たり傷があります)
◇蝕刻とは、図柄や文字以外の部分を蝕刻液で腐食させ、図柄や文字を浮き彫りにする技法。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/05

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット シルバーン エジプト模様 万年筆 | Pilot Silvern "Egyptian Drawing" Fountain Pen 1972 (b210339)

「シルバーン エジプト模様」は、蒔絵、漆、蝕刻などの日本の伝統工芸を採り入れた「アートクラフト シリーズ」のひとつ。キャップとバレル全体にエジプトの壁画がエッチングの技法によってあしらわれている。アートクラフト シリーズのシルバーンの中でもひときわ珍しいモデルで、Andreas Lambrou/Masamichi Sunami共著[Fountain Pen s of Japan]にも紹介されている。
◇傷はなく良い状態です。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/04/04

         

-円

(定価:-円)

Sailor セーラー ミニ 万年筆 3本セット | Sailor Mini Fountain Pen - 3 Pieces Set 1960s (b210331)

1960年代末から1970年代にかけて製造されたミニペン。学生向けのペンだが、どっこい、ペン先は14Kと立派なもの。当時は様々な模様、いろんなスタイルのミニペンが流行し、各メーカーもこぞってミニペンを製造した。1970年代当時のお値段そのままのお買い得品。
◇すべて試筆程度の品ですが、50年前の商品ですので保管中にできた細かいスレ傷はあります。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/31

         

-円

(定価:-円)

Sailor セーラー プロフィット エグゼ・シルバー 万年筆 | Sailor Profit Exe-Silver Sterling Silver Fountain Pen 1990s (b210349)

「スターリングシルバーならではの輝き。洗練を極めた1本です。」とセーラーカタログにある。通常、シルバーやコールドなどの金属製の万年筆なら模様をつけたものが多いが、無地で飾り気が一つもない。その辺りが「洗練を極めた1本」である所以か。簡素であるがゆえに奥深く、実に美しい万年筆です。ペン先は旧型です。参考価格30,000円(税抜き)
◇極小のスレ傷はありますが、目立つ傷や打痕はありません。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/30

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット カスタム 般若心経 シルバー ボールペン | Pilot Custom Buddhist Sutra Sterling Silver Ballpoint Pen 1970s (b210327)

仏教の教えを集積した経典である「般若心経」の全文(276文字)を蝕刻の技法でキャップとバレルの全面に施した珍しいボールペン。万年筆とペンシルも製造された。この文字を書写したのは、お経の文字では右に出る者がいないといわれた写経の第一人者田中塊堂。
◇あまり使用されていません。極小のスレ傷はありますが良好です。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/28

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット カスタム カエデ 旧型 万年筆 | Pilot Custom Kaede Maple Fountain Pen 1970s (b210245)

木目が美しい板屋楓を素材に一本一本削り出して作られた万年筆。軸とキャップの木目模様の揃えなど、楓の素材の製造工程はすべてが手作業で行われている。ペン先はやや硬め。若干使用程度の美品。旧型。参考現行モデル価格:22,000円(税込)

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/24

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット カスタム 67 グレー 万年筆 | Pilot Custom 67 Grey Fountain Pen 1986 (b210257)

昭和初期に一世を風靡したパイロット伝統のバランススタイルを踏襲した「カスタム67」は1986年、極細から極太までの8種類のペン先を揃えて発表された。このバランス型の形状はパイロット製品の中では最高のデザインのひとつとされている。ヨーロピアンカラーの典型とも呼ばれる地味なマスタードイエロー、グレー、レッド、イングリッシュグリーン、ダークブルーがあり、いずれもマット仕上げになっている。ペン先は普通の硬さ。当時の定価10,000円(税抜き)
◇ほぼ未使用の状態ですが、保管中にできた極小のスレ傷があります。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/11

         

-円

(定価:-円)

Sakai Eisuke 酒井栄助 手造り万年筆 漆黒 | Sakai Eisuke Black Lacquer Fountain Pen 1980s (b210310)

酒井栄助の挽き、兜木銀次郎製のペン先、高橋吉太郎の塗り、そして、土田修一の仕上げといういわゆる四天王による共同作業で作られた万年筆。ペン先の根元には、兜木製作所製のJIS規格登録番号「4622」が刻まれている。兜木ペン先としてはかなり軟らかい個体。
インキ止め式の手作り万年筆として知られる酒井栄助は14歳で万年筆職人見習いとしてクラルテ社に入社。1941年に独立し、セイザンの挽物の仕事を始めた。その後万年筆の挽きひと筋に徹し万年筆を製造した。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/10

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット キャップレス C-200SW ブルー | Pilot Capless Vanishing Point C-200SW Blue c.1967 (b210314)

C-200SWはキャップレスとしては初期の1960年代のモデル。万年筆のペン先の刻印は[H12.67]とあり、1967年12月に平塚工場で製造されたものとわかる。取説と箱はオリジナルで、このような形で出てくるのは珍しい。(コンバーターは新品) 発売当時の定価は2,000円だった。
◇目立つ傷はありません。良好です。
◇キャップレスは1963年11月に第一号が発売されて以来、50年以上にわたりさまざまな機種が製造されている超ロングセラーモデル。その数はOEM製品を含めれれば100を優に超す。海外ではヴァニシングポイントペン(消えるペン先)の名称で知られ、初期製造の珍しいモデルは特に人気がある。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/09

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット 創立70周年記念 万年筆 | Pilot 70th Anniversary Fountain Pen 1988 (b210311)

パイロット70は、「日本人のための日本人による日本の万年筆」をコンセプトに作られた万年筆。パイロットの純国産第1号のベスト型をイメージして作られているだけあって、古風な雰囲気のある万年筆。しなやかで、独特のしなりと軟らかさがこの万年筆の持ち味。キャップのリングは14金で作られている。1988年限定。参考価格41,800円(税込)
◇目立つ傷や打痕はありません。良好です。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/07

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット カスタム 72 ボールペン | Pilot Custom Ballpoint Pen 1990s (b210301)

アミメ模様とクラシックな雰囲気のキャップバンドがマッチした美しいボールペン。1990年頃から約9年間製造されているが製造数が少ないのか、意外と見かけない。付属のリフィルは使用済みです。当時の定価:10,000円。
試筆程度の美品。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/04

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット スーパー 復刻品 万年筆  | Pilot Super Fountain Pen Reproduction Model 1970s (b210244)

1956年に製造され人気を呼んだスーパーを復刻したモデル。各部の仕様は限りなくオリジナルに近く製造されている。コースニブという字幅の太いペン先がついている。Con-20のコンバーターが使用できます。(コンバーターは付属しません)
◇目立つ傷はありません。良好です。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/04

         

-円

(定価:-円)

Sailor セーラー プロフィット21 旧型 万年筆 | Sailor Profit 21 Black Fountain with Zoom Nib c.2000 (b210118)

2000年頃製造の旧型プロフィット21。この万年筆のポイントは「ズームニブ」。ペンポイントが大きくて紙に当たる面積が大きいためヌラヌラと滑らかに書ける。さすがにメモ帳には向きませんが、宛名書きとかには重宝します。参考価格29,700円(税込)
◇首軸のリングに若干の劣化があります。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/04

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット 干支蒔絵万年筆 酉(とり) | Pilot "Rooster" Zodiac Maki-e Fountain Pen (b200535)

十二支とその動物に関する草花の蒔絵を施したアートクラフト「干支シリーズ」のひとつ。商売繁盛の象徴であるニワトリが、トサカに似ているケイトウの前で時を報せている様が研出蒔絵で描かれている。中町 力氏(日本画家・日展審査員)が描いた図柄を元に、国光會(パイロットの蒔絵作家集団)の作家が仕上げた逸品。定価220,000円(税込) 試筆のみの美品。

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/03

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット カスタム67 ダークブルー | Pilot Custom 67 Grey Fountain Pen 1986 (b210258)

昭和初期に一世を風靡したパイロット伝統のバランススタイルを踏襲した「カスタム67」は1986年、極細から極太までの8種類のペン先を揃えて発表された。このバランス型の形状はパイロットの製品の中では最高のデザインのひとつとされている。ヨーロピアンカラーの典型とも呼ばれる地味なマスタードイエロー、グレー、レッド、イングリッシュグリーン、ダークブルーがあり、いずれもマット仕上げになっている。ペン先は普通の硬さ。当時の定価10,000円(税抜き)
◇未使用状態ですが、保管中にできた当たり傷があります。(写真で確認できます)

[トップに戻る・Back to top]


売約済 Sold


2021/03/03

         

-円

(定価:-円)

Pilot パイロット キャップレス FCN-500R ブラック 多面軸 万年筆 | Pilot Faceted Capless Vanishing Point FCN-500R in Black 1981 (b210250)

1981年頃。ペン先は普通。希少。非常に珍しい多面軸のキャップレス。1981年に導入されたモデルで、ペン先は輸出向けは14金製だったが、国内仕様はメッキ仕様で販売された。製造本数が少ないのだろうか、中古市場で見かけることは非常に稀だ。当時の定価5,000円。
◇目立つ傷はありません。良好。
◇キャップレスは1963年11月に第一号が発売されて以来、50年以上にわたりさまざまな機種が製造されている超ロングセラーモデル。その数はOEM製品を含めれれば100を超す。海外ではヴァニシングポイントペン(消えるペン先)の名称で知られ、初期製造の珍しいモデルは特に人気がある。

[トップに戻る・Back to top]