売約済 Sold


2011/06/25

         

-円

(定価:-円)

パイロット カスタム シルバー蝕刻 (VT110610)

1970年代のカスタムですが、モチーフが珍しい。財団法人日本医師会(当時の会長:武見太郎氏)がパイロットに発注したいわゆる O.E.M. 仕様のものです。キャップとバレルには、医者の「醫」百体が蝕刻によって描かれています。これらの百の文字は、財団法人日本医学文化保存会が、東京都青梅市に開設した医学文化館のホール壁面に彫刻されている「醫」百体をデザインしたものだそうです。極めて希少の万年筆筆です。全体が黒ずんでいますが、これはシルバー特有の「いぶしの黒ずみ」で、30年という長い時間によって作られた貫禄と言ってもいいでしょう。磨くのは簡単ですが、それはご購入者の決断にゆだねることとします。試し書きのみのほとんど未使用の状態で、説明書、「醫」百体のパンフレット、お客様登録カード、箱などすべて揃っています。

[トップに戻る・Back to top]