売約済 Sold


2013/03/11

         

-円

(定価:-円)

ウォール・エバーシャープ ペンシル シルバー (VT130101-121245)

1920年代の繰り出し式ペンシル(ショートタイプ)。エバーシャープ(Eversharp)ペンシルの基本的な設計は、1913年にチャールズ・C・キーランによって発明されまし た。その後、ウォール(Wahl Adding Machine Company)がキーランを招へいし、キーランの所有するエバーシャープペンシルの商標権を買取り、1915年大々的に売り出しました。エバーシャープペンシルは、サイズ、 色、素材など様々なヴァリエーションのエバーシャープペンシルを1000万本以上販売したと言われています。ウォール(Wahl)は、これをきっかけに筆記具業界に参入していきました。本商品はエバーシャープの典型的なペンシルです。天冠を廻せばスペア芯を入れるポケットがあります。よく使いこまれたペンシルですが、胴軸に凹みはありません。天冠に極小のゆがみがあります。 

[トップに戻る・Back to top]