売約済 Sold


2013/01/14

         

-円

(定価:-円)

パーカー デュオフォールド クロワゾネ (LE121206-121161)

 

 

 

 

 

 

クロワゾネ(cloisonne) とはフランス語で七宝・エナメルを意味し、一般的に西洋では日本の七宝焼きのことをいいます。中でも黄色は典型色のひとつです。ジョージ・S・ パーカーは1926年、家族と一緒に日本に立ち寄った際、京都のある店で「クロワゾネ」に出逢い、感激してその想いを万年筆に託し、翌1927年に真っ黄色のデュオフォールドを誕生させました。しかしその万年筆は、なぜか「クロワゾネ」ではなく「マンダリンイエロー」と命名されました。なぜ「クロワゾネ」と命名されなかったのかは分かっていません。時代を経て、2006年に誕生したのがこの「デュオフォールド クロワゾネ」です。パーカー社は、ジョージ・S・パーカーの意志を継いで、実に80年後にこの「クロワゾネ」を誕生させたことになります。キャップの天冠には黄色いクロワゾネが描かれています。世界限定3900本。国内1000本。若干の使用品です。極小の擦れ傷があります。

[トップに戻る・Back to top]