売約済 Sold


2012/11/21

         

-円

(定価:-円)

パーカー デュオフォールド クロワゾネ センテニアル (LE121106-121121)

 

 

 

 

パーカーの創始者ジョージ・S・パーカーが1926年に日本に立ち寄った際、黄色い七宝の焼き物「クロワゾネ」に出逢い、その鮮やかさに感激し、翌1927年、パーカーはその想いを万年筆に託し黄色い「デュオフォールド」が誕生しました。しかし、その黄色い万年筆の名前はなぜか「クロワゾネ」ではなく「マンダリンイエロー」でした。なぜ「クロワゾネ」と命名しなかったのか、それは分かっていません。時を経て、2006年に誕生したのがこの「デュオフォールド クロワゾネ」です。ジョージ・S・パーカーが「クロワゾネ」を見てから実に80年後の「クロワゾネ」誕生となったわけです。天冠にはクロワゾネ(黄色い七宝焼きの壺)が七宝の技法で描かれています。未使用状態ですが、今後店頭で試し書きをすることがあります。パンフレットなどすべて揃った完全な状態です。世界限定3900本(国内1,000本)

[トップに戻る・Back to top]