売約済 Sold


2011/11/15

         

-円

(定価:-円)

モンテグラッパ エクストラ 1930 パーチメント (MO111106-111112)

パーチメントとは羊皮紙のことを言いますが、羊皮紙というより、大理石を連想させるような模様のセルロイドがこの万年筆の素材です。なんと言ってもこの万年筆の特徴は大ぶりのバレルにマッチしたこの大きくて存在感のあるペン先でしょう。キャップの幅広リングといい、太めの首軸といい、全体に占めるシルバーのバランスが良く、非常に洗練されたデザインとなっています。このエキストラ  1930コレクションにはレッド、イエロー、ブルーなどがあり、根強い愛好家が多いと聞きます。キャップの一部分がインクの化学変化で多少変色していますが、キズもなく良い状態です。

[トップに戻る・Back to top]